光化学応用講座2021ー社会実装が進む光触媒:基礎から人工光合成、新型コロナ対応までー

日程
2022年1月24日(月)13:30-18:00
主催
光化学協会
開催形式
Zoom Meetingによるオンラインセミナー & 意見交換会
趣旨
光化学協会では光化学に関連する技術的および工学的な課題を設定し、主に大学院生や賛助会員の皆様向けに関連分野を主導する研究者・技術者にセミナーをお願いして「光化学応用講座」を行ってまいりました。本年度は「社会実装が進む光触媒:基礎から人工光合成、新型コロナ対応まで」と題して、Webセミナーとして開催いたします。半導体粒子を用いた光触媒の研究は半世紀以上に渡って基礎と応用の両面から大きく発展を続けてきており、気候変動への対策や健康的な生活の実現に欠かせない技術となっております。また、本協会所属研究者の社会への貢献度も大きいテーマです。そこで今回は、光化学分野の会員の皆様が、光触媒の基礎物性研究から最新の応用展開まで幅広く理解する一助となればと考え本講座を企画しました。ご講演いただきます関連分野を先導する5名の先生方に篤く感謝申し上げますとともに、会員の皆様の積極的な御来聴をお願い申し上げます。
参加資格
光化学協会 賛助会員・正会員・学生会員
受講料
光化学協会 賛助会員 2万円(グループ視聴可 1口あたり10名まで)
光化学協会 正会員 1万円(グループ視聴可 1口あたり5名まで)
光化学協会 学生会員 無料
参加申込締切
2022年1月17日(月)

おしらせ

2021.10.21
サイトを公開しました。