光化学協会

menu

各種賞

光化学協会技術賞

光化学協会技術賞は、本会会員であって、光化学を応用した技術の開発あるいは工業化などで特に顕著な業績のあった者に授与する。
賛助会員にあっては、同一業績について3名以内の連名で授与することができる。

光化学協会技術賞選考内規(抜粋)

第1条 この内規は、光化学協会技術賞(The Japanese Photochemistry Association Award for Technical Development for (西暦受賞年)、以下「技術賞」という)の選考に関し必要な事項を定めるものである。
第2条 技術賞は、本会会員であって、光化学を応用した技術の開発あるいは工業化などで特に顕著な業績のあった者に授与する。賛助会員にあっては、同一業績について3名以内の連名で授与することができる。
第3条 技術賞の候補者(以下「候補者」という)は、本会正会員が推薦するものとする(他薦のみ)。
ページトップに戻る

申込要領

現在、募集期間ではありません。

詳細公開予定:2019年3月下旬予定
募集締切:2019年6月上旬予定
ページトップに戻る

光化学協会技術賞 受賞者

※ 所属は受賞当時のもの

第14回
2018/9/6
応募なし
第13回
2017/9/5
高橋 浩三(システム・インスツルメンツ(株))
「光導波路分光測定装置の開発とその応用展開」
第12回
2016/9/7
奥津哲夫(群馬大) 「光化学反応を利用したタンパク質結晶化促進プレートの開発」
鈴木健吾、井口和也(浜松ホトニクス(株))
「積分球法を用いた絶対発光量子収率測定装置の開発」
中川達央((株)ユニソク)
「過渡吸収測定新手法RIPT法の考案とその製品開発」
第11回
2015/9/10
応募なし
第10回
2014/10/12
応募なし
第9回
2013/9/12
応募なし
第8回
2012/9/13
応募なし
第7回
2011/9/7
応募なし
第6回
2010/9/9
応募なし
第5回
2009/9/17
応募なし
第4回
2008/9/12
応募なし
第3回
2007/9/27
応募なし
第2回
2006/9/11
駿河正次、クドゥリャショフ・イゴール((株)東京インスツルメンツ)
「3D顕微ナノラマン装置の開発」
第1回
2005/9/12
前田修一 ((株)三菱化学科学技術研究 センター)
「光メモリ及びデジタルフォトプリント用機能性色素の開発と工業化」